TOTOクジの歴史と経緯・運営団体

TOTOクジはサッカークジとも言われており、歴史は2001年のJリーグが開幕と同時に始まり、現在に至ります。

TOTOクジの運営団体は、日本スポーツ振興くじ株式会社で、大和銀行から運営を委託されて、現在運営を行っています。

元々TOTOクジは21世紀の日本のスポーツがもっと盛んになって、スポーツを取り巻く環境がより整うようにという理念の下にスタートしました。

TOTOクジの収益は、国際スポーツ大会の開催やスポーツを取り巻く環境、グランドや体育館、公園などの整備や、アスリートを指導する一流の指導者を育てるということのために、使われているのです。

TOTOクジの売上金の中から、半分は当選金などに還元されているので、残りがスポーツ振興に役立てられているというわけです。

半分のうち、3分の1は国へ、残り3分の2はスポーツ団体などに分けられています。

TOTOクジは競馬などのように、レースの勝ち負けを予想してお金を出す賭け事なので、青少年の健全育成にはあまりよくないということで、19歳未満の未成年には販売できないことになっています。

Comments are closed.