1円パチンコのメリットデメリット

最近増えてきた1円パチンコ。

イチパチ、1パチ、円パチなどとも呼ばれますが、通常のパチンコでは1発4円でパチンコ玉を借りて遊ぶのに対して、1発を1円で貸し出しているホールや台のことを1円パチンコと言います。

そのメリットは、なんと言っても低価格で遊べること。

そして、長時間遊べることに尽きます。

通常1000円でパチンコを始めようとすると借りられる玉は250発。

パチンコでは1発の玉が打ち出されるのにかかる時間は0.6秒以内と規定されているので、玉250発がなくなるのにかかる時間は150秒。

つまり2分半です。

対して1パチでは1000円で1000発。打ち出しにかかる時間は600秒。

10分です。

単純なことですが、低価格でもそれだけ長い時間パチンコで遊べるということが、1円パチンコの最大のメリットです。

儲け度外視で、ただパチンコを遊びたいという人にとっては、手軽に遊べるのでよいですね。

ですが、1円パチンコのデメリットも当然存在します。

主に、勝てない、勝ててもたいていは少額にしかならない、最新の台が遊べることは非常に少ないなどがあります。

1円パチンコは換金率が低く設定されていることがほとんどで、利益を出すのは非常に厳しいのが現状です。

また、稼働率の下がった台を1パチ台として、いわゆる再利用をしているホールが多いため、最新機種が1円台に導入されることはまずありません。

そして気軽に遊べる分、遊んでいる人数も多いですから、狙った台が空いていない、長時間遊べるために一度ついた人は、なかなか席を立たないため空きがない、などもデメリットと言えるでしょう。

ですが、1円パチンコ専用ホールなどでは最新機種が置いてあることもありますし、低価格でお試しに遊べるということもあります。

気に入っていたけど今はどこにも稼動していない古い台が置かれているなどということもあります。

どの台を1円パチンコとして設定するかは店ごとに違いますので、自分に合った店を探してみるとよいかと思います。

Comments are closed.