ドラゴンクエストのカジノとamebaピグのカジノを比較

スクウェアエニックスの代表作、国民的RPG(ロールプレイングゲーム)

とも称される通称「ドラクエ(DQ)」ことドラゴンクエストシリーズに、カジノというミニゲームが追加されたのは、シリーズ4作目の「ドラゴンクエストIV・導かれし者たち」からです。

カジノ独自のコインを使い、ポーカー、スロット、ルーレットやビンゴ、

中にはドラクエならではの、モンスター同士が戦い、勝利するモンスターを予想してコインを賭ける闘技場や、

ドラゴンクエストシリーズ屈指の大人気モンスター・スライムがかわいらしく競走して、競馬のようにオッズを元に賭けるスライムレースなど、

現実のカジノにはありえないギャンブルも交えて、ドラクエ8まで進化してきました。

残念ながら9作目のドラクエ9にはカジノという要素はなかったのですが、

最新作10作目の「ドラゴンクエストX・目覚めし五つの種族オンライン」では、

娯楽島ラッカランに2013年9月以降にカジノエリアが実装予定とのことです。

どんなカジノになるのか楽しみですね。

一方、サイバーエージェントが運営している「アメーバピグ」。

AKBなど多数の芸能人も登録している、会員数2千万人を越える巨大アバターコミュニティサービスです。

そのアメーバピグにも2010年8月に追加された18歳以上限定のおでかけエリア「ラスベガス」にカジノがあります。

専用通貨カジノ$で、スロット、ルーレット、ブラックジャック、ミニバカラといったカジノではポピュラーなゲームが楽しめるエリアとなっています。

ドラゴンクエスト、アメーバピグのどちらのゲームでも、カジノ専用の通貨を賭けて、どれだけ勝って増えても通常のお金に換金するということはできません。

しかし、どちらもカジノ限定のレアアイテムと交換できるという共通点があります。

他では手に入らないアイテムを求めて、またはちょっとした息抜きに、ギャンブルはいかがですか?

でもゲームの中のこととはいっても、熱中してお金の使いすぎをしないよう気をつけてくださいね。

Comments are closed.