風水と玄関・方角・鬼門

風水での玄関・方角・鬼門について調べてみました。

鬼門とは
鬼の門と書いて鬼門。

鬼が出てくるだけに、恐ろしい意味なのかな?
と思っていましたが、鬼門とは、
東北を表鬼門、南西を裏鬼門といい、 その表鬼門と裏鬼門を結んだ線を鬼門ラインというそうです。

家を建てる人は建てる前に、鬼門という言葉だけは知っていたという人も多いようですが、多くの人は意味までは知らないと思います。

「鬼門の玄関は凶」
「鬼門のトイレは病気になる」
と、鬼門には不吉なイメージがあるようですが、風水発祥地の中国では、鬼門に玄関や水場が来ても気にしないそうですよ!

鬼門を必要以上に恐がっているのは、日本独自の発想のようで、その理由のひとつが出雲大社のお話があります。

出雲大社の守り神である大国主命は、神殿の東北に鎮座しているのですが、東北は古代から神の通り道であり、神聖な方位であると考えられていることから、怖がらせておけば汚さなくなるだろう・・・と考えそのような脅かすような言い伝えが生まれたという説があるようです。

現代は、道路が舗装され、水洗トイレが普及し、玄関やトイレも昔のような汚い場所では無いので大丈夫のようです。

あえて鬼門に玄関やトイレを配置するのは勧めませんが、賃貸マンションを借りた時そうなっていた場合は、 内装や家具に白を使い、まめに掃除するよう心がけ、さらに盛り塩をして清めると良い、また玄関鏡やトイレ風水画などの風水グッズを置くことにより運気が高まりますのであまり気にしなくても大丈夫だと思います。

他にも気にしなくていい迷信は次のものがあります。

■気にしなくていい迷信 (確かドクターコパさんがおっしゃっていたと思います。)

・鬼門の玄関、キッチンは凶
・キッチンの中央にシンクやレンジがくると凶
・1・2階の逆転プランは凶
・勝手口がない家は凶
・門と玄関がまっすぐな家は凶
・大黒柱のない家は凶
・廊下の突き当たりのトイレは凶
・四方流れの屋根は凶