ドラマ(あのキス)

あのときキスしておけば第7話(最終章)のあらすじと感想

いや~6話の最後は泣けました。
内容が面白くて随所で笑えましたが、最後泣けました。
うそ、こういう展開!?

田中マサオの身体に蟹釜先生がいたのに、なんとご本人が出てきたのはびっくりしました。

そういえば巴は
「わたしには時間が無いような気がする」って言ってたのはこういうことだったんだ・・・

え!?
蟹釜先生はもう出てこないの!?
あの世に旅立っちゃったの!?
SEIKAの空を書き下えるまでの命だったって事!?
あれ?
まだ最終回書いてないよね?
てことはまだ出てくるのかな??

とか思うとなんか泣けたのです。

次回予告がまさかの最終章で
もう最終回なの!?
と早くも蟹釜ロスを感じてしまいました。

最終章
ってことはまだ3話くらい残ってることを祈りつつ

で、公式サイトから7話(最終章)のあらすじを載せておきますね。

※追記
次の第8話が最終回でした。
あと1話、お菓子と涙をふくティッシュを用意して拝見させていただきます ^^

ーー公式サイトより引用 ▼

★~~★は僕の感想です。

金曜ナイトドラマ『あのときキスしておけば』

第7話

2021年6月11日(金)よる11:15~

「巴さんが好きです」
やっとその言葉を口にした桃地のぞむ(松坂桃李)は、ベッドの上でオジ巴(井浦新)に覆いかぶさり、ついにキスを………
しようとしたその瞬間。

オジ巴の口から思いもよらない言葉が飛び出す。

――「誰だ、お前。」

★わっ!本物の田中マサオが甦った!蟹釜先生はどうなっちゃうんだろう!?★

そのまま突き飛ばされ、ベッドから転げ落ちる桃地。

「ここは沖縄なのか?」
「俺は死んだのか?」
とうろたえるオジ巴の姿を見て、脳裏にある事実が浮かび上がる。

まさか、田中マサオ(井浦新・二役)が、帰ってきた…?

動揺のままに肩を掴み、
「巴さん!蟹釜先生!」
と叫ぶ桃地の剣幕に慄いたマサオは、その腕を振りほどき、裸足のまま巴(麻生久美子)の家から逃げ出してしまう!

あの日、自ら命を絶とうと沖縄に向かっていたと思われるマサオ。

いま彼に死なれてしまったら、二度と巴には会えなくなってしまう――!?焦った桃地は、なぜかライバル・高見沢春斗(三浦翔平)、そしてマサオ本人をよく知るエグゼクティブ真二(六角慎司)を呼び出し、共にマサオを探すため、夜闇を走りだす――。

★エグゼクティブ真二の名前ウケルwあの顔も面白くて。ココリコの田中にも似ているようなw★

ほどなくして発見されたマサオは、またも突然、オジ巴に戻る…!
マサオの魂はオジ巴の中で生きている――だとすればこの先、どうなってしまうのか?

不安を抱いたオジ巴は、とにかく『SEIKAの空』を書かなくて、と執筆作業に没頭しはじめる。

一体何をきっかけに“巴とマサオ”は入れ替わるのか。

桃地と高見沢は“入れ替わりの法則”に思案を巡らせるが、答えは出ぬまま時は過ぎてゆき…。

次第に増えていく「マサオ」としての時間――。
マサオには帆奈美(MEGUMI)、優太郎(窪塚愛流)という家族がいて、幸せを願わねばならならないとわかりつつも、葛藤する桃地。

そんなある日、
『SEIKAの空』の連載に穴が空くことを懸念した高見沢と木之崎眞(藤枝喜輝)は、なんとか「オジ巴」に戻って来てもらうべく、一縷の望みをかけて、なぜかマサオを銭湯に連れ出し…!?

★ここの銭湯のシーンウケました。皆蟹釜先生に戻ってほしいと思いつつ全然戻ってくれずのぼせちゃう。★

これは神様がくれた奇蹟…?
迫るタイムリミット、僕と彼女に残された時間は、あと僅か。

★お母さん(岸本加代子)の家に行って近況を説明する桃地。だんだん蟹釜先生の時間が少なくなってきていることに母も桃地も本当のお別れが来てしまうのかと思うと寂しくて仕方ないが、神様がくれた1ヶ月半だったのかも・・と母が泣いているシーンは切なかったです。★

最後に、君に伝えたいことがある――。
果たして、桃地と巴は、あのとき出来なかった“キス”をすることができるのかー?

★こんなに笑えて泣けてジーンとくるドラマは久しぶりだなあと思いました。最終章になっていたので、あと2話くらいある事を期待していましたが、まさかの最終回のような終わりかただったのでウソ!?予告も入らなかったのであー最終回だったんだ・・・ガーン あと1話でも見たかった・・・と思って公式サイトを見てみたら、なんとあと1話ありました。あれ?予告お菓子食ってて見逃してた!?まー、いいや、来週の最終回が楽しみ!スピンオフドラマも見てみようかな~♪★