ドラマ(あのキス)

あのときキスしておけば3話のあらすじと感想

あのときキスしておけば 第3話を見た感想です。

まずは、役名と俳優さんの名前メモしときます。

田中マサオ(井浦新)
あらいぐま清掃・清掃員

桃地のぞむ(松坂桃李)
スーパーゆめはな店員

蟹釜ジョー/唯月(麻生久美子)

僕は、1話を見逃して2話から見たのですが、

岸本加代子さんを久しぶりに見たらお元気そうで良かったです♪

あのおじさんは井浦新(いうらあらた)さんていう俳優さん。
顔は知ってたけどドラマや映画で一度も見たことが無かったのでwikiぺディア見てみたら、やはり私が見たことないドラマと映画ばかりに出演されておりました。

ミスチルの桜井さんにちょっと似てるかも??
と思っていた俳優さんです。

漫画家の蟹釜ジョーさんが中に入っているということで、ドラマ「天国と地獄」の時の高橋一生さんみたいに、ちょっとオネエキャラになっていてそこが面白くて微笑ましく感じました。

お母さん(岸本加代子さん役)にイタコ詐欺扱いされてましたが、今回の桃地の活躍により見た目はおっさんだけど、中身は娘に間違いない!!

と気が付き信じてくれたシーンがちょっとウルウルきました。